みたけ暮らし ~ちょっと田舎でちょうどいい~

岐阜県御嵩町移住交流・子育て応援ポータルサイト

みたけ子育てナビ

御嵩町で子育てをもっと楽しむために。「知りたい」「相談したい」「つながりたい」に役立つ情報をご紹介します。
※目的別のほか、親子のライフステージ別でご確認いただけます。

特定不妊治療費助成事業について

子どもがほしいと望んでいるのに子どもに恵まれず、不妊に悩み、実際に不妊治療を受ける夫婦が増加しています。しかし、不妊治療は身体的、精神的な負担も大きいうえに、費用が高額になることも多く、経済的理由から充分な治療を受けることができず、子どもを持つことを諦めざるを得ない人も少なくありません。そこで、平成21年4月から、不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、医療保険が適応されず、高額な医療費のかかる特定不妊治療(体外受精・顕微受精)に要する費用を一部助成します。

助成金額
1年度あたり10万円を限度に、通年5年まで。

対象
助成の対象者は、次のすべてに該当する人です。
・夫または妻のいずれか一方または両方が町内に住所がある人
・法律上の婚姻をしている夫婦
・特定不妊治療以外の治療法によって妊娠の見込みがない、または極めて少ないと医師に判断されている人
・特定不妊治療の治療方法が、次のいずれにも該当しないこと
・夫婦以外の第三者から精子、卵子のまたは胚の提供を受けたもの
・代理母によるもの
・借り腹によるもの
・夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満である人
・町税などを滞納していない人

助成内容
助成の対象となる費用は、岐阜県が指定している医療機関で受けた特定不妊治療にかかる治療費です。また、岐阜県などほかの助成を受けたときは、その額を対象費用から差し引きます。

助成期限
原則として治療が終了した日の属する年度内。年度内に申請することができない場合はご相談ください。
※助成申請方法や所得の計算方法、医療機関、制度など不明な点は保健センターまでお問い合わせください。
※岐阜県でも助成事業を行っています。詳しくは可茂総合庁舎内の中濃保健所(電話25-3111)までお問い合わせください。

特定不妊治療費助成申請書・受診等証明書(PDF)→御嵩町公式ホームページへ


お問い合わせ
保健センター
TEL 0574-67-2111